ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

僕の模試について思うこと ~偏差値と判定について~ [大学受験]

f:id:Tomobird7:20201203195016p:plain

 

こんにちは!

 

ともです。

 

            ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

     読んで後悔はさせないので、  是非、最後まで見てみてください!

 

1.はじめに(模試について)

背景 空

 

今回は、

 

前回に引き続き、

 

模試

 

について、

 

話をしていきます!

 

模試 試験

 

特に、今回は、

 

僕が、日々頑張る受験生に伝えたい、模試に対する考え方を話していきます。

 

        ~ここに、前回の記事をはっておきます~

前回の記事では、

模試がどういったものなのかということをお話していますので、

                      よかったら、ぜひ、見てみてください

 

tomobird7.hatenablog.com

 

この記事をオススメする受験生はこんなひと

 

今、

 

僕のブログを読んでくださっている受験生のそこのあなた

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

「模試の偏差値とか、判定って、どう捉えればいいんだろう」

とか

「そもそも、模試って大切なのだろうか」

 

なんて、

 

その気持ち分かります!

 

実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います~

 

この記事の根拠

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

2.本題(模試の偏差値と判定について)

背景 机

 

まず、模試とは何かというと、

 

簡単にいうと、本番の予行演習みたいなものになっています。

(前回、これについてはお話しましたよね!)

 

マーク式は、共通テストの

記述式は、国公立の二次試験・私立の一般入試の

予行演習みたいなものになっています。

 

ここからは、

 

模試で大事なものになってくる

 

偏差値と判定について

 

話していこうと思います。

 

 自信

 

偏差値について

これは、

 

大学受験で、受験生にとって切っては切り離せない、密接な数字になっています。

 

どういったものなのか、簡単に説明すると、

 

その模試を受験した中で、どのくらいのところにいるのか

 

というものを、示した数字になっています。

 

 

    偏差値              30         40           50         55        60       65      70

                

最上位からの割合 (%)                      98         85           50         30        15         7          2

 

 

といった感じになっています。

 

だから、

 

偏差値40で上位85%

偏差値50で全体のなかでちょうど真ん中(上位50%)

偏差値60で上位15%

 

ですね!

 

なので、

 

具体例をあげると、

 

MARCH、関関同立、有名な国公立大学クラスを目指すとなると、偏差値60くらいは必要になるので、全受験生のなかで、上位15%に入らないといけない計算になります。

(これは、難しい、、、)

 

地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの大学を目指すとなると、

大体偏差値50は必要なので、上位50%に入っていないと、という計算になります。

(これなら、まだ、なんとかなる気がしませんか?僕はそう思ってました(笑))

              

             受験 驚き

 

~ここに、以前あげた、偏差値についての記事をあげときます

                     よかったら、ぜひ、見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

 

判定について

これは、受験生が一番気になるところですよね!

(僕は、あまり気にしていませんでした(笑)その理由は、後半お話します)

 

Aとか、Bとか、Cとか、、、Eとか、、、

 

それぞれ説明していくと、

 

A判定 

合格率約80%

安心できるもの。現役生で、A判定を取れてるとかなりいい感じ。

B判定

合格率約60%

まずまずな結果。でも、油断は禁物。

C判定

合格率約50%

一番むずかしいところ。受かるか落ちるかは、そのあとの二次試験次第になってくる。

D判定

合格率約30%

ここから、合格するのが現実的に難しくなってくるところ。

相当、二次試験に自身があればいいが、ないのなら、一歩引いても良いライン。

E判定

合格率約20%

現実的に、合格するのが厳しくなるライン。

二次で逆転するのには、かなり得点する必要が出てくるため、諦めたほうがいいかもしれないライン。

 

という感じになってます!

 

個人的に、

現役生なら、最低でも、C以上は本番の共通テストで取ってほしいです!

(欲をいえば、B。なぜなら、現役生は、浪人生に比べて、二次力に心配あるため)

浪人生だと、二次力があるから、Dでもいける人もいますが、やっぱり、こちらも、Cはほしいかもしれないですよね。

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(あくまで参考程度に考えるのが一番かも)

ここまで、

 

偏差値と判定

 

について、

 

いろいろと話してきましたが、

 

僕は、さっき、判定のところでもいったように、

 

あまり、気にしていませんでした。

 

なぜかというと、

 

模試というのは、

 

受験している全体の母数が、本番の入試に比べて少ないですし、

 

あくまで、偏差値や判定というのは、受験業界が勝手に作り出した、

 

数字

 

です!

 

しかも、そもそも、模試は本番の予行演習だからです!

 

なので、あまり、偏差値や判定といった、数字に、惑わされることなく、

 

合格

 

という結果にだけ向かって、頑張ればいいと個人的に思っています!

 

       ~模試は、ちょっとした判断材料という考え方が一番いいかもしれませんね~

 

まとめ(偏差値、判定にはあんまり惑わされないでね)

模試は本番の予行演習

 

偏差値は、

その模試を受験したなかで、どのくらいのところにいるのか

判定は、

その大学に受かる可能性を示したもの

 

個人的に、

受験生にはこの2つの数字に惑わされることなく、頑張ってほしい。

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

                           ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう!~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!