ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

僕が薬学部に進学した理由 ~前回の続き~

f:id:Tomobird7:20201203153410p:plain

 

こんにちは!

 

ともです。

 

       ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

     読んで後悔はさせないので、ぜひ、最後まで見てみてください!

 

1.はじめに(薬学部を選んだことについて)

背景 自然

 

今回は、

 

昨日の続きで、

 

僕が、文系科目が得意だったのにも関わらず、

 

理系の薬学部を選んだ理由について話していこうと思います!

 

 

   ~進路に悩んでいる受験生に、是非、今回の記事は見てもらいたいです。~

        

「こんな感じで、進路を決めた人もいたんだ。」

なんて感じで読んでもらえると嬉しいです!

 

[今回は、とくに、僕の個人的な考えを話しているので、

                                                                   あくまで、参考程度にしてもらいたいです]

[また、賛否両論も分かれると思うので、

                                                もし、 不快な気持ちにさせてしまったら、ごめんなさい]

 

    ~ここに、前回の記事ををはっときます、よければ、ぜひ、見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

~ここに、薬学関連の記事をはっておきます

                       よかったら、ぜひ、見てください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

 

tomobird7.hatenablog.com

 

この記事の根拠

 

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

2.本題(薬学部に進学した理由)

背景 自然

 

では、さっそく結論からいってしまおうと思います

結論(将来の安定)

 

ズバリ、

 

一言でいうと、

 

将来の安定

 

を取ったからです。

 

結論の理由(サラリーマン、公務員、薬剤師の3択)

 

多くの人は知っていると思いますが、

 

基本的に、医療職は安定しています。

 

業界的にも、病気というものは、この世からなくなることはないので、ずっと、需要があり続けます。

 

今、コロナが流行っていますが、そういった影響も受けません。

 

そのため、薬剤師も安定しています。

 

また、未だに、薬剤師は不足状態なので、働く場所を選ばなければ、基本的には働く場所がないということはないです!

 

それ以外の面だと、

 

お金の方もいいですし(普通にもらえるほうです)、社会的地位もあるということで選びました!

 

(本当は、医者になりたかったのですが、そこまで頭が良くないためなれませんでした(笑))

 

もちろん、メジャーな進路である、サラリーマン、公務員も考えました。

 

しかし、

 

正直なところ、サラリーマンにあまりいいイメージをもてなかったです(サラリーマンの人、ごめんなさい)

 

例えば、

毎日スーツを着る、満員電車、上司との付き合い、残業、昇進争い、ノルマなどなど

 

(もちろん、こういったことは、サラリーマンに限った話ではなく、どんな仕事をするにしてもある話だと思います。薬剤師にもあります。)

 

僕は、競争とかが苦手な性格なので、サラリーマンとして頑張っている姿が想像できませんでした。

 

また、

公務員ですが、転勤、住む場所が固定などが嫌で、進路の視野から外れてしまいました。

 

あと、基本的に、サラリーマンや公務員だと、

 

辞めたらただの人

 

になってしまうのが、怖かったからです。

 

世間一般的には、出来るだけ偏差値の高い大学に入って、有名な誰もが知っている大企業に入るのが、

 

成功

 

だと思われていると思いますが、

 

当時、受験生だった高校3年生のとき、

 

いくら、大企業に入れたとしても、何かあって、辞めてしまったら、ただの人

ということに気づいて、薬剤師という資格を手に入れようと思いました。

 

(もちろん、出来るだけいい大学に入って、出来るだけ良い学歴を手に入れることは大事ですし、出来るだけ良い企業にはいるのもいいことだと思います!)

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(就職がゴールではないかもしれない)

 

しかし、そのあとまで、受験生のみんなには、考えてみてほしいです。

本当に、新卒で入った企業で、最後まで勤め上げられるのか、、、

もし、何かあって、辞めてしまったら、いくら高学歴で元大企業に勤めていた人だとしても、その時点では、そういったことはあまり重要視されなくなっているのかなとも思います。

そういったような肩書よりも、何をしてきたのか、のほうが大事なのかなとも思っています。

 

 

でも、そんなときに、薬剤師という資格があればなんとかできると思い、薬剤師という資格を目指すことにしました。

 

一度薬剤師国家試験に受かれば、良くも悪くも死ぬまで薬剤師なので、ただの人になって、仕事が見つからないという状況にはなりにくいと思います!

(もちろん、使える資格と使えない資格もあります)

 

              薬剤師

 

そんなこんなで、

 

僕は地方国公立の工学部と、日東駒専クラスの私大の農学部を蹴って、

私立の薬学部に進む決断をしました。

 

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

 

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

        ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう!~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!