ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

化学について [勉強法] ~全体像編~ [大学受験]

f:id:Tomobird7:20201128174317p:plain

 

こんにちは!

 

ともです。

 

       ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

    読んで後悔はさせないので、是非、最後まで見てみてください!

 

1.はじめに(化学について)

背景 自然

 

今回は、

 

化学

 

化学

 

について

 

話をしていこうと思います!

 

化学は、理系なら避けられない科目ですよね!

 

今日は、そんな化学について、受験生に役立つ情報をGIVEしていこうと思います。

 

 

~ここに、以前、理科科目について書いた記事をあげときます

                 よかったら、是非、こちらも見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 
tomobird7.hatenablog.com

 

 ~化学関連の他の記事は、こちら

                   こっちもよかったら、ぜひ、見てみてね!~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

この記事をオススメする受験生はこんなひと

 

今、

 

僕のブログを読んでくださっている受験生のそこのあなた

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

「化学、難しくてイマイチ分からない、、、」

とか

「化学は、理論、無機、有機と3つに分けられるみたいだけど、これってなに?」

 

なんて、

 

その気持ち分かります!

 

実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います~

 

この記事の根拠

 

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

2.本題(化学の全体像について)

背景 机

 

さっそくですが、結論を先に話そうと思います!

結論(全体像を掴むべき)

ズバリ、

 

全体像を掴むべき

 

です!

 

自信

 

今、これを聞いた人は、

 

「全体像って、何だよ」

 

て、思ったと思います。

 

~ここから、

   この結論の理由を受験生向けに分かりやすく簡単に説明していこうと思います~

 

結論の理由(主に2の理由から)

 

    ~主に、2つの観点から結論の理由を説明していこうと思います~

 

1-1.最初、よく分からない[出だし]

 

受験生が、

 

化学を勉強し始めて、最初につまずいてしまった場合は、

 

これが原因だと思います。

 

化学は、いきなり理論化学とよばれる、

 

ある物事や事象を、化学的に理解するところから始まります。

 

例えば、

 

結合の種類(共有、イオン結合など)、格子(体心、面心など)、、、等々

 

それで、色々と聞いたことがない言葉も出てくると思います。

エタノール、ジエチルエーテル、クロムなどなど)

 

これで、受験生が初めて勉強して分かるわけがないんです!

 

なぜなら、個人的に、初めて聞く言葉で、中々イメージのしずらい原子の世界を考えるのは無理があると思うからです!

 

だって、化学を勉強したばかりの人は、

 

ジエチルエーテル、クロム

 

などは、正直知らないですし、分からないと思います。

(僕も、実際、そうでした)

 

(こればっかりは、日本の化学教育に問題があると思います)

1-2.いきなり、話が変わる[項目]

化学の教科書の目次を見てもらえたら分かると思いますが、

 

化学は、

 

本当に、勉強している内容がコロコロ変わります。

 

固体、液体、気体と理論化学で色々と勉强していたら、いきなり、無機化合物を勉強させられていて、気づいたら有機化合物に入る。

 

好き勝手、変わりすぎですよね(笑)

 

これだから、受験生は、今、自分が何を勉强しているのか、現在地を見失う原因につながり、その結果、化学を難しくしているのだと思います。

 

 

 

~ここまでが、1つ目の観点の説明になります~

~主に、1つ目の観点では、化学が難しく感じられてしまう原因を説明しました~

~そして、ここから、この1つ目の観点を克服するのが2つ目の観点になります~

 

 

2.ちゃんと、区別されている[理論、無機、有機]

化学ですが、

 

すでに知っている人は知っていると思いますが、

 

3つで構成されています!

 

      1.理論    2.無機    3.有機

 

1.理論化学は、科学現象を化学的に勉强していくもの

2.無機化学は、無機化合物の性質、反応を勉强していくもの

3.有機化学は、有機化合物の性質、反応を勉強していくもの

 

になります!

 

ここで、これを、もっと、受験向けに説明すると、

 

1.理論化学:計算の比重が重く、一番差がつく

2.無機化学:はっきり言って、暗記。落としちゃいけない

3.有機化学:暗記の要素が強いが、パズルのように、理解するのが大事。

 

です!

 

(ここで出た、パズルのように理解、については、

                   また、後日詳しく説明しようと思います!)

 

これらを、意識して、分かっているだけでも、全然、化学の勉强しやすさが違うと思います!

   

 自信

 

例えば、

 

今、自分は、「無機化学を勉强しているのだから、教科書に出てくる細かいところまで暗記をする必要がある」だとか。

今、自分は、「有機化学を勉强しているのだから、ただ暗記するだけではなくて、パズルにように理解する必要がある」だとか。

 

などなどです!

 

正直、この3つを分かっただけでも、化学の勉强のしやすさが、

全然、違うと思います。

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(オススメ勉強法)

 

ここまで、色々と、化学の全体像を掴むべき理由を説明してきました。

 

最後に、今まで説明してきたことを踏まえて、

 

オススメの勉強法を説明していこうと思います!

 

その勉強法は、

 

1.まずは、化学を最初っから最後まで、とりあえずでいいので一通り勉强します

2.その次に、無機化学有機化学をある程度暗記します

3.最後に、理論科目を勉强する(特に計算)

 

です!

 

この方法なら、先程説明した、1つ目の観点によるつまずきを避けられますし、結果も、すぐに出ると思います!

 

なぜなら、

 

理論よりも、先に無機、有機を勉强しておくことにより、(ジエチルエーテル、クロム)などの、初めて出てくる言葉をあらかじめ理解することができ、その結果、理論もスムーズに理解できると思うからです。

 

まとめ(まず、全体像を掴むことが大事)

 

化学は、

 

全体像を掴む

 

ことが大事。

 

なぜなら、

 

1-1.最初、よく分からない[出だし]

1-2.いきなり、話が変わる[項目]

 2 .ちゃんと、区別されている[理論、無機、有機]

 

これら、2つの観点から説明できるからである。

 

なので、1つ目の観点を克服するには、

 

2つ目の観点を理解するのが大事で、

 

その上で、オススメの勉強法があり、

 

それは、

 

1.まずは、化学を最初っから最後まで、とりあえずでいいので一通り勉强します

2.その次に、無機化学有機化学をある程度暗記します

3.最後に、理論科目を勉強する(特に計算)

 

である。

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

       ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう!~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!