ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

英文法について ~区別できていない人が多い~ [大学受験]

 

こんにちは!

 

ともです。

 

                          ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

                読んで後悔はさせないので、  是非、最後まで見てみてください!

 

1.はじめに(英文法について)

背景 自然

 

今回は、

 

英語の、

 

文法

 

大学受験 英語

 

をテーマにして、

 

話をしていこうと思います!

 

~以前、英語をテーマにした記事がありますのであげときます。

                         よかったら見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

tomobird7.hatenablog.com

tomobird7.hatenablog.com

 

この記事をオススメする受験生はこんなひと

今、

 

僕のブログを読んでくださっている受験生のあなた

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

「英文法って、どんな風に勉强すればいいのかな」

とか、

「学校で配られる参考書だけ勉強しとけば、いいのかな」

 

なんて、

 

その気持ち分かります!

 

 

実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います~

 

この記事の根拠

 

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

[ちなみに、センター試験の英語では、140点(200点満点中)だったので、ある程度は、英語のことをわかっていると思います。]

 

2.本題(英文法について)

背景 机

 

先に結論からいいます。

結論(英文法には2種類ある)

英文法には、

 

2種類ある

 

です!

  

  ~ここから、この結論の理由を受験生向けに分かりやすく簡単に説明していきます~

 

結論の理由(大学受験において英文法は2種類に分けられるから)

理由は、

 

大学受験のおいて、

 

英文法は、この2つに分けられるからです!

 

               1.英語を理解する上での英文法

 

               2.文法問題を解く上での英文法

 

ここまででは、まだ、分からない人が多いと思うので、

それぞれを説明していこうと思います!

 

(正直、この2つが区別できていない人が多いです)

 

①.英語を理解する上での英文法

これは、いわゆる、みなさんが思い浮かぶ英文法だと思います。

 

例えば、

関係代名詞、仮定法、倒置、時制、文型、、、等々

 

みんな、中学生のときに勉強してきたと思いますし、高校でもやりますよね!

 

~ここに一応、分かりやすいように、

             こういったものを扱っている有名参考書をあげときます~

 

 

こういった英文法は、英語という言語を理解する上では欠かせない言語だと思います。

 

解釈、長文読解、記述などなど、英語を勉强していく上で、最低限知っとく必要があるものです。

 

しかし、これを理解したからといって、大学受験の英文法をマスターしたとは言い切れません。

 

なぜなら、大学受験における英文法にはもう一つの側面があるからです!

 

②.文法問題を解く上での英文法

こちら側は、普段、受験生が一生懸命勉強している英文法です!

 

学校で配られる、某文法問題集ですね。

(ネクステージ、ヴィンテージなど)

 

~ここに一応、分からない方向けにあげときます~

 

 

これです!

 

受験生だと、一度は、見たこと聞いたことがあると思います。

 

いわゆる文法問題集ですよね。

 

この参考書で勉強する英文法は、

 

① とは違って、英語を理解する英文法ではありません!

 

あくまで、文法問題を解けるようになる、英文法です!

 

これで、1と2の違いを分かってもらえたでしょうか?

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(①と②、両方の観点から勉強するのが大切)

僕が、

 

今回、受験生のあなたに一番伝えたいことは、

 

          ①と②

 

両方の観点から、英文法を勉強してほしいということです!

 

どういうことかというと、

 

受験生のみんなが、

 

2であげたような参考書(ネクステージ、ヴィンテージ)

 

やる理由は大体1つだと思います!

 

それは、

 

文法問題を解けるようになるため

 

正直、このためだけにやっているのではないかと、思います!

 

(受験生時代、僕の周りはそんな感じでした)

 

しかし、

 

それは、落とし穴です!

 

もっというと、

 

文法問題を解けるようになるためだけに、英文法を勉強するのは危険だからです!

 

あくまで、

 

②は文法問題を解けるようになる、英文法であって、英語を理解する上での英文法ではないからです!

 

②だけを勉強していると、

英文の解釈ができず、長文読解で正確な訳ができなかったり、記述でこまかい減点をくらってしまったりします!

 

でも、だからといって、

 

①だけ勉強していると、

文法問題が解けなくなってしまいます!

 

個人的なイメージだと、

 

受験生の多くは、

①をおろそかにして、②だけ勉強しているイメージがあります!

 

~よく、①の参考書:フォレスト、エバーグリーンは辞書代わりに使われますよね。

僕は、これを辞書代わりにせずに、全部読んである程度、体系的に、英文法を理解した思い出があります!~

 

でも、これをやったおかげで、英文法の全体像をつかめたので、頭の整理がつきました。

(正直、すごい厚い参考書のため、読むのきつかったです(笑))

 

受験生のあなたにも、この勉強方法はオススメです!

①の参考書を読み(英文法の体系的理解)→②の文法問題集をやる

 

これ、オススメです!

 

最後に、①と②は、同じ英文法の中に含まれている要素のため、密接にリンクしているということを忘れないでほしいと思います。

 

まとめ(英文法には2種類あり、両方勉強することが大切)

英文法には、

 

2種類ある

 

1.英語を理解する上での英文法

2.文法問題を解くうえでの英文法

 

①は英語という言語を理解するもので、②は文法問題を解くためのもの

 

しかし、多くの受験生は、②しか勉强していない

 

①をおろそかにすると、英語を勉強する上で、さまざま場面でつまずくことになる

例えば、英文の解釈、長文読解の精読、記述の場面

 

なので、①と②、どちらも両方勉强することがとても大事

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

                            ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、

 

ともブログをよろしくお願いします!