ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

英数 の大切さについて ~この2つが明暗を分ける~ [大学受験]

 

こんにちは!

 

ともです。

 

                          ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

 

                   読んで後悔はさせないので、  是非、最後まで見ていってください!

 

1.はじめに(英数について)

背景 自然

 

今日は、

 

よく受験界で言われている、

 

英数

 

をテーマにして、話をしていこうと思います!

 

大学受験 英語

 

数学

 

~ここに英語、数学をテーマとして扱った他の記事をあげときます

                      よければ、ぜひ、見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

この記事をオススメする受験生はこんなひと

今、僕の記事を読んでくださっている受験生のそこのあなた

 

こんなことを一度思ったことはありませんか?

 

「そろそろ、受験勉强始めようと思っているんだけど、何から始めればいいんだろう」

とか

「よく周りの人は、英語、数学が大事といっているけど、なんで?」

 

なんて、

 

その気持ち分かります!

 

実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います

 

この記事の根拠

 

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

2.本題(英数の大切さについて)

背景 机

結論(受験は、英数で決まると言っても過言ではない)

さっそくですが、結論から申します。

 

結論、、、

 

受験は、英数で決まるといっても過言ではない

 

です!

 

自信

 

~ここからは、なぜ、受験は、英数で決まるといっても過言ではない

     のかを、受験生の向けにに分かりやすく簡単に説明していこうと思います~

 

結論の理由(主に3つの理由)

 

なぜ、受験は英数で決まるのか、

 

大きく、3つの観点から説明していこうと思います!

 

1.全体に占める得点配分が高い

これは、

 

受験生の方なら既にご存知だと思いますが、本当に得点配分が高いです!

 

例えば、共通テストでは、

 

全体で900点満点なのに対して、なんと、

 

数学と英語を合わせて、400点です!

 

約半分ですね

 

すごい得点配分率です。(笑)

 

これだけでもう分かってくれたと思います。

2.他科目に比べ範囲が広く、基礎が身につくまで時間がかかる

例えば、英語を例に説明していくと、

 

単語→文法→解釈→読解(リスニング)→記述

これで、やっと基礎の完成です。

 

いや、長い(笑)

 

このように、やることが単純に多いです。

 

そのため、時間がかかります。

 

これは、英語だけではなく、数学でも同じことが言えます。

 

数学は確かに1つの科目ですが、厳密には違います。

 

数1、数2、数3、数A、数B、数C

のなんと、6種類に分けられますよね!

 

(数Cは、現課程ではないですが、新課程の2022年度から復活するみたいです)

 

いや、恐ろしいですよね(笑)

 

3.2の理由があるため、勉強した人としていない人との間で差がつきやすい

これは、2を読んでくれた方なら既にお分かりだと思いますが、

 

基礎と呼ばれる部分が多く、そのため、基礎の完成に時間がかかり、点数に結びつくのに時間がかかってしまうからです。

 

また、英数は理社と違い、暗記で単純にどうにかなる部分が少ないです!

(特に数学。なぜなら、公式ぐらいしか暗記するものがないため。公式以外の解法は、論理的に理解する必要有り)

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(英数を勉強しよう)

僕が今回、受験生に一番伝えたいことは、

 

とりあえず、

 

英数を勉强

 

です!

 

自信

 

今回、お話した、主に3つの理由はもちろんのこと。

 

数学こそ、私立文系だと受験するのに必要ないですが、

 

英語は、やっぱり、避けられませんよね!

理系でも文系でも、国公立、私立、基本的にどんな大学を受験することになっても必要になってきます。

 

まとめ(英数で決まるといっても過言ではない)

大学受験では、

 

英数で決まると言っても過言でもない

 

なぜなら、主に3つの観点からそう考えられる。

 

1.得点配分が高い

2.基礎を完成させるまでに時間がかかる

3.2により、差がつきやすい

 

そのため、受験生のあなたには、

 

とりあえず、まだ、何から始めれば分からない場合は、

 

英数から手をつける

 

これを意識してほしい

 

と僕は思います。

 

英語、数学は、量が多く、点数が伸びづらくて大変な科目ですが、

 

受験生のあなたには、がんばって、この2つを乗り越えてほしいです!

 

この2つを乗り越えられると、正直、かなり受験を優位に運べられると思います。

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

                            ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!